テンポウォリアー ガイド

f:id:gonanazerozero:20171009111947p:plain
テンポウォリアーなのかケレセスウォリアーなのかミ
ッドレンジウォリアーなのか海賊ウォリアーなのかよくわからない。
このデッキのみでレジェンド達成したので、そんなに的外れなことは言ってないはず・・・


◎個別カード解説
書いてないカードは説明不要だと思ってるカードです。
・アージェントの従騎士
1マナ枠が足りなかったので。原案ではアケラスだったが、ドローソースがない以上単体でのバリューを重視すべきだと考えたことと1ターン目に素出ししにくいことから、盤面に残りやすいこのカードに行き着いた。

・アップグレード
武器強化で発動したいが、アグロ相手には1ターン目から装備で使っていくことも多い。

・血を霊液に
単に強いカード。打点補助として使うのはもちろん、1/2/2としても使うことが多い。例えば先手ローグにファイアフライを出されていた場合、ンゾスの一等航海士の次に優先してこのカードを打つ。

・南海の甲板員
アージェントの項で解説した理由で1枚挿し。パイレーツが足りなくて困ることもあるが、武器も維持しにくいので2枚挿しで起こるデメリットよりは薄いと考えた。

・烈火の戦斧
3/3/3を倒すために投入したが期待以上の働きを見せた。アップグレードのバリューを上げるのも良い点。しかし、 3マナは強いミニオンを出したいターンなので1枚挿し。

・サロナイト鉱山の奴隷
このカードは本当に強い。2枚以上のカードとのトレード、リーサルまでの時間稼ぎ、ボーンメアの種、機械職人との組み合わせなどこのデッキにおいて強い要素が揃っていた。

・煤けた機械職人
対プリースト用のカード。プリーストは細かいミニオンの除去手段なら腐る程あるが、大型ミニオン相手の除去は限られているため、中型を大型に変えるこのカードが刺さる。またこのカード自体がATK4のため簡単に除去されにくいので、プリースト相手には先手でも後手でもキープしている。アグロデッキ相手には一時的にテンポロスになってしまうが、武器によってマナを使わずに盤面が維持できるので、後半の動きと合わせて大きな弱点にはならなかった。

・ケーアン・ブラットフーフ
ドラゴンファイアポーションの返しが怖い6ターン目に素出しできるのが一番の魅力。ボーンメアに非常に繋がりやすく、5ターン目まで好ましい動きができなくても逆転することができる。

・リッチキング
自由枠に見えて欠かせないカード。デスナイトカードの当たりは割と広い(スペルが少ないので死者の軍団が強いのが大きい) 。また8/8/8挑発というスタッツ自体も逆転・ダメ押しどちらの面でも活躍する。


◎マリガン
・1マナミニオン(特にンゾス) ケレセス
最優先

・アップグレード
基本的にはンゾスとセットだが、アグロ相手ならンゾスがなくても取っておく。

・3マナミニオン
コントロール相手か自分が後手なら1マナがなくても取っておく。ブラットセイルの狂信者も単体で出す気で取っておいて良い。南海の船長のみ、先手で1マナがなくてもキープすることも試したりしたが、結局どちらが正解なのかはわからなかった。

・煤けた機械職人
プリーストにのみ先手後手ともにキープ

◎各マッチアップ
戦績をつけていないため、僕の感覚で書くので参考までに、、、

翡翠ドルイド 微不利
1マナミニオンが虫害の餌になるので、展開しすぎないように気をつけないといけないが、早めに顔詰めないと究極で一気に負けになる。というわけでめちゃくちゃ神経がすり減るマッチアップ。
重要なのは5マナからの動き。こちらの5マナ以降のミニオン全てがあちらにとって厳しいので、除去し切られる前に殴り倒す。
相手が翡翠ドルイドだと分かっているならスケイルベインキープもいいかもしれない。

・アグロドルイド 不利
ブラットセイルの海賊、蟹、クリプトロード、全体バフ、動き回るマナ 全てが面倒。武器強化で常に除去を続けつつ、動き回るマナをうたれないことを祈るのみ。

・ラザカスプリースト 五分
基本的に顔面を殴るだけ。
このデッキに限ったことじゃないが、プリ側の引きに大きく左右されるので、どこまで割り切るかの判断が大事。機械職人で狂信者をドラポ圏外にできたりするとgood。

・アグロローグ 有利
武器やサロナイト鉱山にバフが乗れば大体勝ち。基本方針は武器で7ターン目までに盤面でリードすることと。バクスタ+SIやビッグエドウィンなどで思うようにいかない時でも、6マナからの動き次第で逆転可能なので諦めないことも大事。

・zooウォーロック 有利
対アグロローグと変わりない。炎のインプがンゾス+アップグレードで一撃なのが有利がつくポイント。基本先に横に並べれば相手に返す手段はないがドレッドロードだけには気をつけること。

・進化シャーマン 不利
1ターンに処理すべき量が多い、蟹入りが多い、全体除去があるなどの理由でローグとウォロより厳しい戦いを強いられる。処理が間に合わないうちに地底よりのもので蓋をされるのが主な負けパターン。

・フリーズメイジ クエストメイジ 不利
ノヴァ+終末預言者に対する回答がないのが一番きつい。うまいこと6/7のケーアンでも立てましょうとしかいえない。

・ハンター 微不利
数が少ないのでよくわかりませんが、そこまで負けてるイメージもありませんでした。1マナ海賊食われたらラッキーと思いましょう。サロナイト鉱山が強いマッチ。獣は全力で潰す。

他のデッキはほとんど当たっていないので省略します。

◎プレイング
・盤面を取らないと、全体除去がない分裏目が広いので、7ターン目前に限らず基本はオールクリアでやっていた。もちろん顔面を詰められそうかどうかも常に考えないといけないが。つまり、大体ローグとやってることは同じ。手札から出る打点が少ないので考えるべきことは少ないはず。

・手札パッチーズも2ターン目ヒロパもあまり悲観しすぎない。序盤の動きが悪いときは終盤までどう繋ぐかを考える。もっといえば、終盤にさえ繋がれば良いので、綺麗な動きばかり意識する必要はない。

◎その他雑感など
・ローグウォロに勝ちまくって、プリにもそこそこ勝って、ドルイドにストップかけられる。10月入ってから日が経つにつれて、じわじわドルイドが増えてきたので、1マナを減らすなどの工夫も考えたが、全く勝ててないわけではないので、ランク4くらいからはずっとこのリストで続けた。

・ウォロはともかく、ローグはケレセスが抜けて蟹が入りそうな雰囲気がちょくちょく感じられるので、このデッキ自体の寿命はそう長くなさそうだなぁと思っているところ。

・プリーストや翡翠ドルイドを意識するなら血を霊液にかアージェントの従騎士が抜けて、ナーガの海賊でも入るのかなぁ。しかし蟹の大きな的が増えるのが気になるところ。とりあえずローグが流行っているうちはこのリストで安定。

・ケレセスを抜くなら、2マナ枠はブラットセイルの略奪者か蟹くらいか。ただこのデッキではそこまでパワーのあるカードではないので、個人的にはやっぱりケレセスなのだと思う。なんにせよケレセスを抜くなら1マナ枠も調整が必要そう。

・サーフィンレーマルグルトンはまだ試してないので、今度試してみようと思う。

このデッキはSatelliteさん‪(@Satellite_HS)がツイートされたデッキを参考に作成しました。多大な感謝を・・・。